PDT2.0+XDebugでリモートデバッグ(その1)

PDT2.0+Xdebugでデバッグ環境を構築してみようと思います。
思い立ったきっかけは、普段使っているCakePHPでのデバッグに役立てたいためです。
今回は

  • Windows-7 64bit
  • Eclipse3.4
  • PDT2.0
  • Apache2.0.63
  • PHP5.2.9-2

という環境がすでに整っているところから始めます。

まずは、Xdebugのダウンロードページからバージョンにあったものをダウンロードします。
最適なバージョンがわからない場合、実行環境のサーバー上でphpinfo();を実行し、そのHTMLソースをインストラクションのページのテキストボックス貼り付けて、Analyse my phpinfo() output をクリックすると、最適なバイナリバージョンが提示されます。
なお、今回OSはWindows7の64bitですが、PHP自体は32bit用(5.2.9までは64bit版はない?)がインストールされているので、ここでも32bit用のバイナリを選択しました。
※今回、上記のインストラクションのページでXdebug 2.1.0rc1 が提示されたのですが、これをインストールしてみると変数が表示されないという問題があり、最終的に2.0.4を使うことになりました。こちら詳細が記載されているようです。(PDT2.0のバグのようです)

つづいて、php.iniの設定
以下をphp.iniに追記ましす。

[xdebug]
zend_extension_ts="C:\PHP\ext\php_xdebug-2.0.3-5.2.5.dll"
xdebug.remote_enable=1
xdebug.remote_handler="dbgp"
xdebug.remote_mode=req
xdebug.remote_host="localhost"
xdebug.remote_port=9000
xdebug.remote_log="C:\Program Files (x86)\Apache Group\Apache2\logs\xdebug.log"
xdebug.manual_url = "http://jp2.php.net"
;xdebug.collect_params = On
;xdebug.dump.GET = *
;xdebug.dump.POST = *

これでデバッグの準備ができました。
Eclipseの設定・実行手順いついては次回に書きたいと思います。

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

getting health insurance in new york buy clomid online UK major health insurance companies buy levitra uk online what are wells fargo hours buy finasteride affordable health insurance for children accutane no prescription medical center of trinity viagra online uten resept midwestern university wellness center dapoxetine top individual health insurance companies viagra ireland